10/3 Tue

おむすび


9/22 Fri

色鉛筆の小悪魔


9/24 Sun

 先月開催された温泉旅館宿泊型TRPGイベント、TRPGフェスティバルのマスコットキャラを描かせていただきました。TRPGって遊びのまわりにもこういう「かわいい」の波が来るといいな……という願いを込めて。

「のびのびTRPG」も「絵がかわいい」という着目から手に取ってくれる人がいたみたいで、作者としてはすごく嬉しい評価です。イラストからパッケージデザインに至るまで、それが狙いでした。TRPGがかわいくてもいいじゃんよ!

 その一方で、個人的に世界一かわいいビジュアルを持つTRPGはマウス・ガードRPGだと思う。日本翻訳版がいつの日か出てくれるように、秋の夜長の星に願いを捧げてるところです。

 仕事に追われてガーってやってると他の仕事がガーって圧迫されるような、不義理のコンプレッサのような毎日でしたが、先日からついに、ちょっとだけ圧が抜けつつあります。そうなると、デスクトップのアイコン量や、サイト日記が縦に伸びすぎたりしてるのに気付いて慄然とします。天気がいいうちに整理しなきゃ……。
9/22 Fri

目の練習(球体の意識)


9/15 Fri

 はがねオーケストラの制作部門・チームPSGが8月付で突然解雇されたという知らせを受けて、プレイヤーの皆さんもだいぶ混乱してしまっているはず。そこから一ヶ月を越えて、自分もいまだ混乱の最中にあるのですが、先月行われた旧チームによる最終ミーティングを踏まえて、自分が言える範囲のことを下記したいと思います。

(チームPSGの解雇について、自分は理由を知る立場にありません。ただ、チームには一切の非はないと感じます)

 今現在、自分の手による新規イラストの制作は中断されています(正確には、これまで自分とハンビット間に結ばれていた制作契約が8月に終了することになりました)。
 制作部門が消失する以上、自分も、物語の先にある新しいイラストを描くわけにはいかないためです。

 現時点で「はがねオーケストラ」は、最低限のメンテナンスを受けながら「現状維持」の形でサービス継続されています。
 これから、新たな制作体制が編成されてゲームが今後も展開してゆくのか、それとも(考えたくはない可能性だけど)これから緩やかにクローズされるのかは、今現在の自分には判断できません。
 物語がいまだ半ばである以上、これからも絵を描きたいのだけれどね。

 この手の内情を公開するのはイラストレーターの役割ではないのですが、ゲームの制作状態が不透明なままで時間が進みそうな気配があるので、今野隼史側の報告としてここに書かせていただきました。

 プレイヤーの皆さんには……また、いままで本作を遊んだことがなかったって方も、公式からなんらかの発表があるまでは、のんびりと「はがねオーケストラ」を楽しんで頂ければ幸いです。自分が描いてきた世界観はこのゲームの中に今でも詰め込まれているし、正式始動から十ヶ月、たくさんの人に楽しく遊んでもらったこの期間が、このゲームをがっつり遊べるものにしてくれました。

 いったんの一区切りとして、ひとまず、ここまで遊んでくれた皆さんと、はがね製作に関わった全ての方にお礼を。
 本当にありがとうございます。
 願わくばまた、この砂の吹く空の下で物語の続きを絵にできますように。

9/7 Thu


8/28 Mon

後半にはメイキングも


 遅ればせながらコミティア新刊「デフォルメの着眼」の作品ページを公開しました。今回は全体的に部数が少なめなので、冊子としてお手元に置きたい方は、委託情報をチェックしてあげてください。

 デフォルメを描くということを、自分は趣味絵やお仕事の中でたまにこなしてきたのだけど、その起源がどこにあるかと考えると……RPGツクールでドットキャラを作ってた頃だったかもなあ、と思います。
 この本で再三書いた「限られた面積に立たせるために、情報量もデフォルメする」という考え方はそのまま、ドット絵のやりかたですね。ドット絵特有の寸詰まりなプロポーションも、自分は好きだしなあ……やっぱり根っこはその辺にあるのかもね。
 
 デフォルメの美学や手法はひとそれぞれ。
「どう考え始めたらいいかいまいち分かんない」という人に、着眼点のヒントになるような本になっていますように。
 
 本書は完売後、本文のWEB公開を予定しています。
8/26 Sat
 いろいろお待たせしたり、待ったりしながら幾星霜……

「王たちの同人誌」でおなじみの台無し要素もあるぞ

 カードゲームにしてTRPG、「のびのびTRPG ザ・ホラー」の発売日を迎えました。 やったあ!

キャラクターは12種×絵柄2種

 この一ヶ月、香港より内容物の写真が届いたり、一足先に完成品が手元に届いたりして、作者としても浮き足立たずにはいられないものでした。
 もちろん内容物の仕様は入念に打ち合わせながら一つずつ決めていったのだけど、実物を見たり、発売日が近付いてきたりするのって特有のそわそわ感に浸れるものです。

パッケージラフ。ここからTANSANさんの素晴らしいデザインワークを経て、
かわいい&スタイリッシュな箱が完成しました

 準備は無限にしてきたけれど、本番はそれこそ、ここから。
 後は遊んでもらって、物語を生み出してもらうばかりです。

「裏側」のキャラクターはちょっと影が深い

 本作はオリジナル版とは異なり、アークライトゲームズによる商業作品で、自分は「作者・イラストレーター」として関わっています。商業作品ということはつまり、商業の流通に乗るということで、アナログゲーム専門店だけではなく、おもちゃ屋さんや電気屋さんやamazon屋さんなどで入手できるようになっています。

大きさはオリジナル版の約2倍

 オリジナル版のコンパクトさは失われたけれど(スリーブ付きでも収納できるようにしたのと、カードの枚数が倍増したためです)そのぶん何回遊んでもぜんぜん違う物語ができあがる、底なしのポテンシャルを秘めたゲームになりました。
 どんな物語になるのかは作者である自分もぜんぜん予測つかないので、よかったらぜひ、プレイの様子(お話の流れとか、PCがどんなキャラになっちゃったとか)をツイートしてみてください。作者がそれを見て喜ぶという寸法です。

 ルールは相変わらず超絶シンプルなので、誰がやっても、この箱ひとつで不思議とTRPGした気分になれるはずですよ。
 1〜2人でも遊べる特殊ルールも用意したけれど、このゲームの本領は3人以上のプレイで発揮されます。もし機会が合ったら、気の合う仲間を集めて、おかしな怪異に挑もう!
8/18 Fri イベントのおしらせ

アクリルキーホルダーもあるよ

 8/20コミティアI01b辺境紳士社交場、イラスト技法書っぽい新刊「デフォルメの着眼」を持って参加します。今回はとても簡易なお知らせで恐縮なのですが、よろしくですよ。
7/28 Fri
 7/30に千葉県・幕張メッセで開催される造形系イベントワンフェス
 そこに出展するGESO-WORKS(twitter @gesoworks)さんの「艦これサイクルジャージ」にイラスト・デザイン担当として関わらせて頂きました。  今回描き下ろしたのは、吹雪・叢雲・漣改の三人。
 その中でも漣は、個人的にもずっと描いてきたおなじみの駆逐艦だけど、「改」として描いたのは初めて。なにやら緊張しますね。 「ほら、エプロンひらりですよご主人様。改ーッ!」
 青空の下、複雑な改ジャンプをしながらその駆逐艦はまくし立ててきた、「白い! 眩しい! 第一話の伏線回収したって感じですよ意味ありましたねご主人様ってフレーズが。なんと! まあ! ほぼメイド! すごいじゃないですか、うんまあね、自分で言っちゃうけど、ねえ?」  ワンフェスという舞台は、一日限りの「公認」を得られて作品を販売する場でもあります。自分が描いてデザインして、いろいろな人の手を経てできあがったサイクルジャージは、この日だけ公認アイテムの印を得て、この日だけ販売されます。
(後日通販は許されていません。なかなか厳格なルールなのです)
 作り手も買い手も、文字通り一期一会なんだけど、奇跡のような機会が重なって手に取ってもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。  ブース番号は「5-16-15 GESO-WORKS」。当日は着た状態の現物が展示される予定で、きっと、画面で見るよりも素敵なものになっているはず。17000円という高額商品なだけに、クレジット決済も用意されているとのことなので、どうか慎重にお財布と相談されますように……。
7/27 Thu
 この夏は同人誌も一冊作る予定で、そのためにまず違うグッズを作っています。全貌はまた8月に……。
5/20 Fri
 1/20に刊行された1巻目にひきつづき、 ソード・ワールド2.0リプレイ「竜伯爵は没落しました! 2」(秋田みやび/グループSNE/KADOKAWA)挿絵を描かせていただきました。  主人公である若き竜伯爵ロラン、描いててすごく好きです。
 ヘタレることも多いけど、そんな中でも自分のプライドやなすべきことを守ろうとする、蛮族(このゲームでは人族の敵側をこう呼ぶ)なんだけど妙に人間くさい。
 四人のお供もそんなところに呆れつつ、なんだかんだで敬意を持ってついていってるかんじがするんですよね。 GM「シンは未だに、もじもじしながらのハグ、からのちゅーに果敢にチャレンジしています」
ルド「避ける。避ける。(ころころ&ころころ)」
カティヤ「うーん、アンデッドだしなあ。倒さなきゃいけない気はするんだけど。何なんだろ、こいつ」
ルド「攻撃はしてこないんだよな?」
GM「ダメージ入るような攻撃はしてこないです。ただ、精神にダメージは入るかも(笑)」
ルド「おう! 確かに微妙に削られてんな!(笑)」
個人的なことなんですが、自分はなんだか鍛冶のシーンを挿絵に描くことが多いようです(七人の武器屋でも近い挿絵を描いている)。絵になるモチーフだし、印象的なシーンが多い気がするんですよね。 そんなわけで、1巻の激動な展開を受け止めて、そのまま大冒険が繰り広げられてる二巻です。ひきつづき楽しんでもらえたら幸い。 ロラン「余は余として、ありのままに生きて死ぬのだ!」
5/13 Sat
 今年の春先に出た情報の中に「のびのびTRPG」の続編――「のびのびTRPG ザ・ホラー」の名前が出ていたことを、気にされている方もいらっしゃるかと思います。
 そしていま、時はゲームマーケット前日。5/14に行われる、この日本最大のアナログゲームの祭典で初お目見えとなりそうな本作、実は……
 自分がイラストを描くのに時間を費やしまくったため、発売が五月→夏ごろになります!
 いろいろと、ごめんなさい!!

 振り返ると、去年の秋頃から今まで、長きにわたった制作だったなあ……。
 ゲーム作者とイラストレーターという一人二役をやってると、イラストレーターの自分が発注者である自分に「多すぎないかこれ。何枚描けばいいんだ……」と言ったり、ゲーム作者である自分がイラストレーターの自分に「色変え差分でいいのになんで裏表でキャラデザまで変えちゃうの! 時間かかるよ!」と言ったり、脳内がお祭り騒ぎでした。

 ただ今作は、まったくの個人一人で作ったのではなく、アークライトさんの強力な後援により実現できるものです(筆舌に尽くせないほどお世話になったので、今度じっくり書きます)。
 つまりは商業の流通に乗るわけで、オリジナル版よりもいろんな場所で買えるようになる……はず。
 ルールはオリジナル版と完全におなじ――スリーブを使えば両者を混ぜて遊べるくらい――ですが、場面カードもPCカードも、内容量がとっても豊富になりました。展開はかなり、かぶりにくくなってるはずです。

 ホラーと言いつつあんまりグロくもないし怖くもないので(まあ、程度については遊ぶ人たち次第なんだけど、TRPGってそういうところあるよね?)、気軽に遊んでTRPGをやった気分になってほしい、そんなゲーム。
 もうちょっとだけ、続報をお待ちくださいね。
 次回はパッケージや内容物について、もっと具体的に紹介できるはずです。

 オリジナル版「のびのびTRPG」も、個人制作の事情ゆえに長らく再生産の手が止まっていましたが、さすがにそろそろ、夏に向けてふたたび手配を始めてみたいと思います(再販時期の目処が立ったら告知するので、こちらもよろしくおねがいします)。
辺境画商(β)status! 2012/5/9


0090「You were here」下描き
0099「曲をイメージした情景」下描き
0101「ロボットアニメのコンセプトアート」下描き
0102「森にたたずむ妖精」下描き
0108「荒野の鉄道レール、歩く三人組」下描き
0111「木陰で休むカボチャ騎士と少女」下描き

……ただいまこちらを提出しております!
メールの未着や「お題の勘違い」、またはお題の変更希望や発注キャンセルなど、何かありましたら今野隼史のメールアドレスまで、お手元の控えメール「辺境画商 発注メール」に書かれている4桁の番号と発注者様のお名前を添えてご連絡ください。
(番号と名前があると大変助かるのですが、紛失されているときはそのままメールを送ってくださっても大丈夫です)



「声優劇場パプリオーン!みずはらさん」
単行本を、手作り動画でただいま宣伝中!
付いたコメントはもれなく熟読してほくほくしてます
youtube版はこちらで。




17/8/27


カードで遊ぶ超簡易おきらくTRPG『のびのびTRPG』(3500円+税)発売中。
冒険に必要なものはすべてこの中にあるし、ルールは予習しなくてもすぐ分かる簡単仕様。箱ひとつ持ち出して、みんなでのびのびTRPGしようぜ!

17/8/20


『デフォルメの着眼』(600円)委託販売中。
デフォルメ絵に関する考察と技法を詰め込んでみました。

17/8/11


『Magicrecord』
同人音楽サークルHUMMING LIFEがおくる「日常にひそむ魔法」がテーマのアルバム。
ジャケットやブックレットのイラスト、ロゴデザインを手掛けました。

16/11/28

ぼくの教室はふしぎ列車」(平野累次/冒険企画局/KADOKAWA)時代と偉人をめぐる冒険と謎の数々、一冊通して読めばなんだか歴史が面白くなる。挿絵をいっぱい描かせていただきました。自分がかつてそうしていたように、小学生が読んでくれますように。

16/11/8

android&iOSのスマホで遊べるゲーム「はがねオーケストラ」、メインイラストレーターとしてあれこれ世界とキャラを描かせていただきました。諸事情あってメインストーリーは中断されているけど(17/9/15日記参照)、ゲームは今も継続中です。マシンを組んで砂漠に乗り出す大冒険、がっつり遊べるゲームですよ。
もはや宣伝がコンテンツとなったすごいアニメもTV&ニコニコYoutubeで放映中。

16/11/8


pixiv BOOTHの企画で、マグカップのためのイラストを描かせていただきました。いい仕上がりのこのマグカップ、1920円で通販中。(自分のBOOTHで再販はじまりました)
大容量のコーヒーとか似合うように描いた絵で、じっさい今、自分もそのように使ってます。

16/9/1


カードで遊ぶ超簡易おきらくTRPG『のびのびTRPG』(3000円+税)発売中。
文庫本くらいの箱の中にカードとサイコロ六個が入っているので、あとは仲間がいればどこでもTRPGが遊べるという代物です。TRPGっていうのはあれですよ、ほら……サイコロ振って会話で冒険するっていう、神秘的なあのゲーム。とにかく遊び始める敷居が高いので、可能な限り下げてみたのがこれです。

16/6/18

 大楽絢太さんの小説「ここは異世界コンビニ デモン・イレブン3」(ファンタジア文庫)の挿絵をはりきって描きました。コンビニに行ったことがある人全員に捧ぐ、ファンタジックお仕事コメディ!
 試し読みはこっちでできるみたい
 プリントしてそのまま使える書店用POP、今回も作ってみました。  さらには紹介冊子も非公式で作ってみました。
 公式作品ページでは、デモン・イレブンへのおたよりも募られています。読んで面白かったら、応援してあげてね。

16/5/5


COLOSSEUM
(株式会社リドル)
カードゲームのイラスト全般を手掛けさせていただきました。格闘ゲームの世界をシンプルなカード&ダイスに落とし込んだ、間合いの読み合いと直感で戦う、鋭さのある1vs1対戦型ゲームです。5月中旬以降に一般販売が始まる予定。

16/2/5


ILLUSTRATION 2016
(翔泳社)


pixivイラストレーター年鑑2016
(KADOKAWA)

今までこういう機会がなかったのですが、偶然にも、ふたつのイラストレーター年鑑に取り上げていただきました。年鑑って一冊俯瞰すると、このへんが「現代」なんだな、と距離感が掴める感じがしますね。

16/1/17
艦これ新刊


 1/17の艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!23」、出展してきました。
 新刊はイラスト&随筆集「漣折々日誌 METHOD of the SEA2」(1000¥)。いままさに委託通販が始まっていますよ、ご主人様!

15/12/31 冬コミ新刊

12/31 東2 Y-39a
「辺境紳士社交場」
[webカタログ]
新刊 / 「絶体絶命英雄4」
(頒布価格1000\)

 自分が描いた超熱血少年漫画漫画「絶体絶命英雄」第4巻、フルカラーなA5同人誌として、各同人ショップ&amazonで発売中です。
 殺人事件と戦うepisode7とアイドルが歌って踊るepisode8を収録、本作中もっとも振り幅でかい巻になりました。そして過去最大の分厚さ! 五月の最終刊に向けて、物語はちょっとずつ風呂敷を広げ始めます。
 このマンガの雰囲気はニコニコ版で試し読みするか、単行本特設サイト(通販情報も載っけてます)でクールに知ろう。

15/8/16 夏コミ新作


スク水ごはんまとめ本「TABEMONOPOOL international edit委託販売中。既刊三冊に英解説文をくっつけてグローバルにまとめてみた、これまたおかしなイラスト本です。

14/9/18

デジタルイラストメイキング本「プロの絵師に学ぶ水彩塗り上達テクニック」に参加しています。色とか光とか布とか石畳とか、一枚のイラストを描く上で考えたこと手を動かしたこと一通り詰め込んでみました。テーマは「なるべく演算に頼らない光表現」。

14/8/9

シュレディンガ・フォークス パラグラフの迷路」、amazon&同人ショップで通販中。ゲームブックなライトノベル、およそ同人でしか見られないような奇妙な新書です。
 過去巻のWEB公開もはじめたので、まずはここから読んでみるのもありかも。

14/2/25

  Savedtektyさんによるカードゲームアドベンチャー「ジャリネスハート」、公開されました。自分はイラストを担当しています。

13/11/20

 アナログイラストメイキング本「ニキシィ・パティエンスの描けるまで」通販中。「水位標識の描けるまで」のアナログ続編でもあります。絵の具の魔力は一手一手に宿る、そういう子細を詰め込みまくった密度のある本です。

NOW ON SALE


「声優劇場 パプリオーン! みずはらさん」(JIVE)
 実在の声優、水原薫さんをモデルに、好き勝手にファンタジックな声優物語を自分が描き続けた、コメディな短編群。ちょっと業界に詳しくなれて、ちょっとだけ「働くのってたのしい!」と思えるお仕事マンガです。

09/1/11-2-11


09/1/22・4時±まで進行
有料で発注すると、イラストの原画が届く。ある意味今までで最も絵描きらしいサービスの注文は現在締め切って、かたっぱしから絵を描いている最中です。完成した絵は[Gallery]コーナーに掲載しております。

Legend of Beginners


『七人の武器屋』(著:大楽絢太/富士見ファンタジア文庫)、自分が挿絵を担当した不朽の冒険小説。今でもkindleはじめ、電子書籍として購読できます。

SW TRPG Replay

 花鳥風月さんのサイト上で、ソードワールドRPG同人リプレイ集 『王女様』シリーズ三冊、通販中"SHOP"参照)
自分がプレイヤーと挿絵を担当した剣や魔法の短編集。予備知識抜きでも笑えて読みやすくて読み応えもある、ごきげんなシリーズですよ。

AlphaNuts products(RPG)


(↑※古い情報です。最新の購入方法は、公式ページで確認してみてください)